110 CHALENGE

社会貢献

農の Global Standard 教育

地元高校生と一緒にGAP(農業生産工程管理)に取り組み、GLOBALG.A.P.認証の取得を支援します!

イノチオグループは田原市立渥美農業高等学校のGAPへの取り組みを支援しており、
20203月に当校のトマト温室がGLOBAL G.A.P. 取得に成功しました。

今後も支援を継続し、日本発の花き農場でのG.G.A.P.認証に挑戦していきます!

GAPとは?

Good Agricultural Practiceの頭文字で、日本では「農業生産工程管理」や「適正農業規範」と呼ばれています。食品安全・労働残全・環境保全の三つの柱からなり、安全で持続可能な農業の実践が目的です。イノチオグループは自社生産圃場でGFSI(国際食品イニシアティブ)が認める認証制度「GLOBALG.A.P.」を取得しています。