施設園芸燃油高騰対策(補填金)  3次公募締め切り間近

 

農林水産省から発表されている燃油高騰対策のご案内です。

例年に比べて今年は燃油価格が大幅に高騰しております。

農林水産省では、計画的に省エネに取り組む施設園芸産地を対象に、燃油価格が高騰した場合に補填金を交付する『施設園芸セーフティネット構築事業』の3次公募をしております。締め切りは、1126()です。

詳細について知りたい場合は、農林水産省のホームページをご覧ください。

こちらのご不明点は、最寄りのJA、都道府県協議会へ

 

「加入要件」

以下のすべてを満たすこと。

・施設園芸農家が3戸以上、または5名以上の農業従事者がいる団体

3年間で燃油使用量を15%以上削減する計画(省エネルギー等推進計画)等を作成し省エネ・生産性向上に取り組むこと

 

「支援内容」

・燃油価格が一定の基準(発動基準価格)を上回った場合に、予め国と皆様で積み立てた資金(負担割合は11)から、その差額に補填の対象となる燃油の数量を乗じた補填金を交付積立金は掛け捨てではなく、補填に用いられなかった場合、事業終了後に還付されます。

 

「公募期間」

2021111(月)~20211126(金)

 

「外部リンク」

■農林水産省ホームページ

3次公募「施設園芸セーフティネット構築事業」パンフレット

■施設園芸省エネルギー生産管理チェックシート