イノチオグループでは、土壌還元消毒用の資材として、商品名「かんげん丸®」を開発しました。本年6 月1 日から、川合肥料株式会社(本社:静岡県磐田市前野/代表取締役社長:山口健)、イノチオアグリ株式会社(本社:愛知県豊橋市向草間町/代表取締役社長:石黒信生)より販売を開始いたします。

製品概要

施設栽培では、土壌病害虫の発生を抑えて安定的かつ持続的に作物を収穫するために、土壌消毒が不可欠となってきています。通常の土壌消毒では、土壌くん蒸剤が用いられていますが、環境への負荷と作業者への安全性が懸念されています。

このほど、イノチオグループが開発した土壌還元資材「かんげん丸®」は、土壌に混和した後、潅水・被覆して使用する資材です。資材に含まれる豊富な炭素源をエサとして土壌微生物が増殖することで、土壌環境が還元(酸欠)状態になることや有機酸の発生などにより、土壌中に生息する病害虫(センチュウ、青枯病菌など)を減少・死滅させることが期待できます。

商品の特徴

  1. 原料は食品(コーンスターチ)製造過程で発生する副産物であるため安全性が高く、人や環境に対する影響が低い(住宅街に隣接した施設でも使用可能)
  2. 水に溶けた糖類(炭素源)が、土壌くん蒸剤では効果が不十分とされる作土層より下層の土壌深層部にも到達して、効果を発揮
  3. 「かんげん丸®」による還元処理をすると、土壌に蓄積している過剰な塩類が減少(除塩効果)
イノチオグループは、今後も農業現場のさまざまな課題解決に積極的に取り組むとともに、持続可能な農業を推進して参ります。

商品詳細

商品名
土壌還元資材「かんげん丸®」
※特許出願中【特願2020-213165】
内容物
コーンスターチの糖化液由来の糖+ろ過助剤(珪藻土)
全炭素量
22%以上
内容量
20kg/袋
標準施用量
800kg(40 袋)/10 アール

開発の背景

同じ圃場で同一の作物を栽培すると、収量が減少したり、病害虫が発生しやすくなります。このような現象を連作障害といい、発生程度によっては生育不良や収穫ができなくなります。この連作障害の発生には、さまざまな要因が考えられますが、土壌病害虫が原因となることが多いとされています。

土壌病害虫の防除では、一般的に土壌くん蒸剤が使用されていますが、揮発性が高いことから周囲に拡散するため、人や環境に対する影響が懸念されており、ヨーロッパなどでは、多くの土壌消毒剤の使用が規制されています。このような背景から、作業者への安全性が高く、環境負荷の低い土壌消毒技術が国内外を問わずに求められている状況にあります。

「かんげん丸®」が深層にも還元効果を示す理由

【米ぬか・ふすまなどによる土壌還元消毒の場合】



【かんげん丸®による土壌還元消毒の場合】

問い合わせ先

イノチオホールディングス株式会社 中央農業研究所 担当:佐々木、宮地、梅村
愛知県田原市六連町神ケ谷16-1 TEL:0531-36-2011 メールでのお問い合わせ