幅広い作物の栽培環境に適応し、研究施設・試験農場・教育機関などで実績が多いハウスです。
ガラス温室は様々な建設要件がありますのでご相談ください。

①ゴムガスケット方式で、高耐久性のゴムでガラスを固定している為、気密性、耐風性、耐候性が優れています。
②放熱率の高いアルミ垂木をゴムで覆うことによって保温性も兼ね備えています。
③換気方法は、最上部天窓、桁面妻面の突き上げ窓、引き違いサッシなど各種栽培に適したパターンを用意し、自動制御も可能です。
④ガラスの特性を十分考慮した構造体を持ち、長期間安定した栽培が可能です。
資料を請求

POINTポイント

  • 安心の対応

    建築確認申請の内容については各自治体で異なります。お気軽にご相談ください。

  • ゴムガスケット方式の採用

    ゴムガスケットでガラスとガラスの隙間を埋めることで、ハウス内の温度をがっちり守ります。

    ゴムガスケット方式の写真です。

ガラス温室の標準仕様

 

 

ガラス温室の矩計図

ご質問やご相談、
いつでもお気軽にご連絡ください。

事業の計画を丁寧に伺い、最適なビニールハウスをご提案するのはもちろん、
イノチオグループ全体の知見を活かしたご提案をいたします。