圃場研修コース
●グロワーコース(栽培)
●シフトオペレーターコース(労務管理)
●GAPコース
●バックオフィスコース
●パッキングコース
●総合体験

POINTポイント

圃場研修のご紹介

グロワーコース(栽培)

生育調査を行い、計測データを活用して植物の状態を判断します。環境管理、潅水管理、作業管理などの方針の決め方、

病害虫の発生ポイント、効果的な農薬散布のタイミングなどを学びます。

 

このような人におすすめ

・栽培管理の初心者の方

・樹勢管理に迷われている方

・病害虫の発生に困っている方

 

シフトオペレーターコース(労務管理)

労務現場の悩みである、作業効率・目標の立て方とそれに付随した時間管理の考え方の他、従業員に対する指示や

ルール統一の考え方を学ぶことができます。

 

このような人におすすめ

・データの取得方法に迷われている方

・作業効率の改善手法に迷われている方

・作業遅延を回避したい方

 

GAPコース

GAP 認証農場の現場と文書を見ながら農場管理を学びます。サンプル帳票を使ったワークショップ中心のカリキュラムです。

JGAP、ASIAGAP、GLOBALG.A.P.に対応しています。

 

GAPとは・・・農業において、食品安全、環境保全、労働安全等の持続可能性を確保するための生産工程管理の取組のことです。

 

このような人におすすめ

・GAP の導入を検討中の方

・農場管理の手法を進化させたい方

 

バックオフィスコース

労働者の採用および定着のポイントや労働安全衛生管理、農場運営に関する数字管理の基礎を学ぶことができます。

 

このような人におすすめ

・新規で稼働する圃場の管理者

・人材管理に課題を抱えている管理者

 

パッキングコース

選果出荷オペレーション管理、一般衛生・食品安全のリスク評価と対策のポイント、収量予測の考え方と手法などを学ぶことができます。

 

このような人におすすめ

・選果出荷のオペレーションを改善したい方

・収穫⇔出荷⇔販売の調整を改善したい方

 

総合体験

まずは、農業現場を体験してみたい!そんなニーズにお答えした特別プログラムです。

 

営農サポート事業の活用例

 

事業運営の稼働前、稼働後、それぞれ最適なサポートをご用意しています。