8月はピシウム属菌による病気(トマト根腐病や、キャベツの苗立枯病など)炭疽病の持ち込みが多くありました。長雨による影響で増加していると考えられます。

研究所のある愛知県東三河地域の降水量は、平年比のなんと300%とのことです。

炭疽病はイチゴに限らず、観葉植物など広い作物で発生が見られました。

愛知県からも8月にイチゴ炭疽病の注意報が発令されています。

令和3年度病害虫発生予察注意報第7号

まだ気温が高く、発生が見られる季節です。

今後さらに多発しないよう予防をしてください。

 

気象庁の1か月予報

・気温:高い

・降水量:平年並み

・日照時間:少ない

 

イノチオグループでは各種診断を承っております。

WEBでも診断室情報をチェックできます。要チェック

また相談窓口もございますので、お近くの営業所へご相談ください。

お問い合わせはこちら