Qヒートはハウス外面に塗布することでPAR光線(光合成有効放射光線)は多く透過し、温度上昇に影響を与える熱線:NIR(近赤外線)を反射してハウス内の温度上昇を抑え、植物の光合成に必要な最適な光条件を作ります。

■規格:13.5L/15kg 
■入数(単位):1缶 
■用途:ハウス塗布用遮光剤
■適用作物:トマト、キュウリ、ナス、パプリカ、イチゴ、レタス、キャベツ、ネギ、大葉、葉物、キク、バラ、ガーベラ、カーネーション
■利点
・熱線を反射する遮光剤
・幅広い被覆材に対応
・専用除去剤(リムービット)で簡単・綺麗に剥離

Qヒートの仕様目的


太陽から地球に到達する光線は290nm(ナノメータ)から10,000nmの幅広い波長があり、その中で植物の光合成に必要な波長は、400~700nmでPAR光線(光合成有効放射光線)と呼ばれます。
Qヒートはビニールハウス外面に塗布することでPAR光線は多く透過し、NIR(近赤外線)を多く反射するので、その結果、ビニールハウス内の温度上昇を抑え、植物の光合成に必要な光を通すので、植物にとって最適な光条件を作り出します。
必要な光透過率を【表1】を参照して塗布量を決めますが、十分なNIR(近赤外線)の反射を実感するためには10aあたり3缶程度の使用をお勧めします。


表1 Qヒートの希釈倍率表です。


【図1】はQヒートを10aあたり3缶を塗布したキクを栽培しているガラス温室の測定効果です。比較対象温室のハウス内温度が38℃の時、Qヒートを塗布したハウスでは31℃でした。
※温度の低下は条件によって異なります。

図1 Qヒートを塗布した温室としていない温室の温度差の図


Qヒートの特長

 

ヘルマディックス社(オランダ)が特許を取得した微粒子分子バインダー【図2】を使用しているので吹き付け作業中に、樋や桁へ流れ落ちてしまうことが起こりにくく、経済的に使用できます。

図2 Qヒートの粒子の様子です

白色遮光剤は、NIR(近赤外線)とPAR(光合成有効放射光線)を同程度遮光してしまうため、ビニールハウス内が暗くなってしまいますが、QヒートはPAR(光合成有効放射光線)を多く透過するので、ビニールハウス内の温度上昇を抑えつつ、明るさは保ちます。【写真1】

写真1 QヒートとQ4ホワイトの使用した比較写真です。

 

Qヒートの使い方


  • Qヒートは光要求量が多い作目でビニールハウス内の温度上昇を抑えたい場合に最適です。
  • ムラのない遮光層を作るために正しい水量を加えるようにしましょう。
    • 推奨する水量は10a当たり150~170Lです。
  • 塗布するビニールハウス外面が汚れていたり、濡れていると付着が著しく低下するので、晴天時に汚れのない乾いた状態で吹き付けるようにします。また、吹き付け後、速やかにかわかる必要があるため、前後の天候に注意してください。(吹き付け後2時間ほどで乾きます)
  • 吹き付け作業終了後は噴霧器の吸水口をきれいな水に移し、5分程度洗い流してください。

 

Qヒートの吹き付け作業方法、ご準備いただく物


①Qヒート、希釈用タンク、洗浄用タンク、噴霧器、 ホース、噴霧ノズル、きれいな水を用意してください。

②Qヒートを目標とする遮光率(【表1】参照)に合わせ 希釈タンクに溶かしてください。

③タンク、噴霧器を設置した奥の方から始め手前の方に、 小雨状に均一に吹き付けてください。

④吹き付け作業中は沈殿が起こらないよう、 タンクを定期的に攪拌してください。

⑤吹き付け作業が終了したら噴霧器の吸い込み口を 洗浄用タンクに移し、5分程度洗い流してください。

 ※ 吹き付け作業は吹き付けノズル作業者と噴霧機やホースを操作する作業者の 2 名で行います。

 

qヒートの吹き付け作業の様子です


Qヒート散布時に用意していただくものです。

Qヒートご使用の注意点

 


①雨水を灌水に利用するために貯水槽を設けている場合は、pH の変化を防ぐため、貯水槽の給水口を締めてください。

②ビニールハウス内外の作物にかからないよう、ビニールハウスを閉めるなどの作業を行ってください。

③ まわりの住宅、車などにかからないように風の強い日の散布は避け、風向きなどに注意をしてください。

④ 4℃以下での作業は避けてください。

⑤ 皮膚に直接付着した場合は大量の水で洗い流してください。

⑥目に直接付着した場合は大量に水で洗い流し、出来るだけ早く医師の診察を受けてください。

⑦ 誤って飲んでしまった場合は直ちに医師の診察を受けてください。

⑧ 防護具を着用することをお勧めします。

⑨ 屋外保管は避け、凍結しないようにしてください。 (-4℃で凍結のリスクあり)

⑩結露を防ぐため、散布は日没 4 時間前に完了させてください。

 

光線透過率
光線透過率

必要な光線透過率を参照して塗布量を決めますが、十分なNIRの反射を実感する為には10aあたり3缶程度の使用をお勧めします。

塗布後の変化
塗布後の変化

10aあたり3缶を塗布した菊のガラス温室の測定結果です。比較対象温室の日中ハウス内温度が38℃の時Qヒートを塗布したハウスは31℃でした。※温度の低下は条件によって異なります。

お問い合わせ

 

この商品に関する疑問・ご意見等がございましたら、お気軽に最寄の営業所へ お問い合わせください。

メールアドレス:info-agri@inochio.co.jp

 

 

合わせていかがですか

 

Qヒートをお買い上げの方が、よく検討される商品です。

  • ・Q4ホワイト

4ヶ月程度で自然剥離する商品です。

詳細はこちら!!

Q4ホワイト

 

  • ・Q3ホワイト

高品質かつ経済的な遮光剤で鵜。

詳細はこちら!!


  • ・Q2ホワイト
育苗など短期間の遮光に最適です。

詳細はこちら!!

Q2ホワイトの商品ページです




  • ・リムービット 

Q4ホワイト、Q3ホワイト、Qヒートなどを落とすことができる専用除去剤です。

詳細はこちら!!

リムービットバナー