都市農地(生産緑地)の貸借による新規就農者の第1号としてトマトの施設栽培に取り組むネイバーズファーム代表の川名桂さん。大学卒業後、就職した一般企業を退職して決意した新規就農。東京都での農地取得からビニールハウスを建設してはじめたトマトの養液栽培のお話しまで、これまでの道のりと今後の挑戦についてお話しを伺いました。
ネイバーズファームのHPを見る
所在地等
東京都日野市
栽培作物
ミニトマト・大玉トマト
イノチオ_川名桂さん2

新規就農をするのであれば地元の東京でしたい


農家の出身ではない私は、大学へ進学してはじめて農業に触れました。
卒業論文の研究の一環で全国の農家さんにインタビューをする機会がありました。
そこで出会った農業に携わる皆さんが、農業経営者としていきいきと作物を作っている姿に魅力を感じました。

一般企業を退職後、実際に就農をするのであれば地元の日野市(東京都)でトマト栽培をしたいと考え、
都内でトマトを生産している関ファームで研修をはじめました。
 

農地取得、30年契約までの道のり


東京都で独立して就農するには東京都農業会議注1の支援と農業経営者としての認定が必要になるのですが、
非農家の私が農業をはじめる際に直面した一番の問題が農地取得でした。

私の場合は、東京都農業会議の協力と都市農地貸借円滑化法の制定が重なり、
たまたま日野市の地主さんから30年契約という長期での契約をしていただけました。

特に東京のような市街地では元々の農地面積が少なく、
農地があっても就農希望者に貸すことができることを知らない人も多いのが現状です。

私の場合は運よく長期で農地を借りることができましたが、
急に土地を手放さないといけなくなるかもしれないという不安の中で、
安定した農業経営をゼロからはじめることはなかなか難しいというのが新規就農者の胸の内です。

注1東京都農業会議
東京都農業会議は、東京都知事より指定を受け、
東京都農業委員会ネットワーク機構として農地の有効利用と担い手育成のために活動を行っている一般社団法人です。



イノチオ_川名桂さん3

元々農家ではないから持てる経営視点


鮮度が高い状態でお客様へお届けすることにこだわっています。
収穫したトマトの3割~4割は、流通業者を挟まずにビニールハウス横の自動販売機で販売をしています。

トマト業界は、自分の特徴を出していかないと売上を伸ばしていくことが難しくなっています。
私は元々農家じゃないので、消費者としての意識が自分の中で大きく「消費者として何が欲しいか?」という視点で考えています。
今後の課題としては、安定して同じ品質で安定した量を作るという栽培技術の向上にあると思います。



イノチオ_川名桂さん4

数字の記録がおいしいトマトにつながる


元々、トマトを食べることが得意ではありませんでした。
それでも、甘みや旨味、酸味のバランスの良い新鮮なトマトを食べたときに「こんなに美味しいんだ!」
と感じたことがあり、そのように思ってもらえるトマトを目指して栽培に取り組んでいます。

そのためには、栽培の見える化が大切です。日々の温度や水、肥料などを全て数字で記録して栽培の反省と改善を行うように心掛けています。



イノチオ_川名桂さん5

丸型ハウスD-1は栽培しやすいビニールハウス


栽培がしやすく、お客様に喜んでいただけるトマトが栽培できています。
導入したビニールハウスや栽培システムなどは、東京都の新規就農者定着支援事業注2の補助を活用しました。

※通常仕様の丸型ハウスD-1には天窓が付いていませんが、オプションで天窓を追加していただいた仕様になっています。

>丸型ハウスD-1を見る

注2
新規就農者定着支援事業
東京都内の認定就農者を対象に、必要な施設の整備費や機械設備の導入費を補助する東京都独自のハード事業です。
各地域に類似の支援事業もあります。



イノチオ_川名桂さん6

アクアビートは理想の制御ができるシステム

収量以上に、お客様に新鮮で美味しいトマトを直接届けるという意味で味にもこだわっています。

理想のトマトの味を引き出すためには、細かな数値化による潅水制御が必要になるのですが、
その点でアクアビートは給液や廃液の数値を細かく確認できる理想の制御が行えるシステムだと実感しています。

今後は、土壌内の状態など、まだ見えない部分が見える機能が加わってくるとよりよいシステムになるのではないかと期待しています。

>AQUABEATを見る

サポートが早いから安心して農業ができる


ビニールハウスを建設してから、ちょっとした不具合や強風などで故障があった際に、営業の方が細かな対応をしてくれます。
一人だと不安ですが、すぐにサポートをしていただけることは経営者として安心できます。

今後は、トマトだけでなく、他の種類の作物への挑戦、新しい品種なども作っていきたいと考えています。
その際に、日々の栽培業務の中で自分だけでは難しいデータ分析や、栽培に関する最新情報や営農サポートをしていただけると助かります。



イノチオ_川名桂さん7

これから新規就農を目指す方へのメッセージ


それぞれ農業経営への考え方があると思いますが、新規就農者の一番のメリットは農業が家業ではないことにあると思います。
企業のように、仕事として収益性や労働環境を意識した農業経営を目指しやすいマインドをもっているのかなと思います。
私自身もそういう農業を目指したいのでイノチオさんの丸型D-1ハウスと栽培システムを導入しました。
新規就農を目指す方にも、そのような農業経営を目指してほしいです。


 
イノチオ_川名桂さん9
 

コラム:東京で農業をする魅力


東京で農業をすることは地域の方に向けて新鮮な野菜を届けられると同時に、農業を通しての風景や季節の移り変わりや自然との関わりも一緒に届けられると思っています。
今後は、私が東京で農業をはじめたように、都市の中で農業をする魅力を次の世代に残していけたら嬉しいです。

「街の行きつけ農園」ネイバーズファームのご紹介


「新鮮でおいしい野菜の一番魅力的な瞬間をリアルタイムで届けたい!」という川名さんの想いから、東京都日野市で誕生したネイバーズファーム。
東京の街中であっても新鮮で採れたての野菜をビニールハウス側の自販機、地元の直売所、オンラインで販売しています。

ネイバーズファームのHPを見る